ケニア ニエリ ギカンダ農協 ギチャサイニ水洗工場 中煎り

750円(内税)

定価 750円(内税)

豆のまま
粗挽き(ネルドリップ)
中粗挽き(KONO式・サイフォン・プレス)
中挽き(カリタ・コーヒーメーカー)
中細挽き(メリタ)
エスプレッソ用
  • 豆の状態
購入数
00g
【ケニアのコーヒーについて】  

ケニアは世界でもトップクラスのコーヒー生産国として有名な国の1つです。
ケニア独特のフルーティーなフレーバーは、他の国のコーヒーでは代用できない本当に貴重なものです。
しかし近年は、病気に強く安定した収穫を得るための品種改良等により、昔ながらのケニアらしいフレーバーのコーヒーが少なくなってきているのも事実です。



昔からヨーロッパでは人気の高いケニアのコーヒーですが、年2回の収穫期があります。
メインクロップは9月〜12月、サブのフライクロップは5〜7月が収穫期です。 一般的にケニアの特徴が豊かな品質の高いものは、メインクロップから出ることが多いと言われているようです。 

【ギチャサイニ水洗工場について】

この水洗工場のあるニエリ地区は、おいしいコーヒーの収穫できるエリアとして昔から人気のある地域です。

そのニエリ地区の中でもギカンダ農協はトップクラスのコーヒーを精製する農協で、以前にもご紹介させて頂いた、『ンダロイニ』、『カンゴチョ』をあわせた 3 つの水洗工場からなっています。

ギチャサイニ水洗工場は、ケニアのコーヒー輸出業者ドーマン社マーケティングエージェントの支援をうけています。

農家の人々は、より高品質のコーヒー生産のための知識を得ることができるようになり、より多くの収入に結び付けていくことができるようになります。

また、知識としての支援だけでなく、直接的な融資を受けることができるようになり、子供たちの学費や先々の農業投資に活かすことができるようになります。

カシスのような果実の風味ただようケニアです。ぜひお楽しみください。

【焙煎度合】中煎り

【農園情報】

品 種: SL28、L34など
栽培地: ニェリ地域マシラ西地区 ギカンダ農協ギチャサイニ水洗工場周辺の農家さん
組合員: 約900名 
標 高: 1600〜1900m
  収穫時期: メインクロップ10月〜2月、サブクロップ4月〜5月


【マネージャーのオススメポイント】

ケニアの個性的な香りのするコーヒーが少なくなってきている現在、ケニア・ニエリ独特のフルーティーな柑橘系のフレーバーを楽しんで頂ける貴重なニエリのコーヒーです。珈琲豆を挽いた瞬間の香りがたまりません。

【商品のパッケージ】 

以下の写真のコーヒー専用袋にて、お送りします。  

■200g入りコーヒーパックの写真



■100g入りコーヒーパックの写真





  • 豆の状態
豆のまま
粗挽き(ネルドリップ)
中粗挽き(KONO式・サイフォン・プレス)
中挽き(カリタ・コーヒーメーカー)
中細挽き(メリタ)
エスプレッソ用

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。