ケニア ニエリ バリチュ農協 カリンドゥンドゥ水洗工場 中煎り

750円(内税)

定価 750円(内税)

豆のまま
粗挽き(ネルドリップ)
中粗挽き(KONO式・サイフォン・プレス)
中挽き(カリタ・コーヒーメーカー)
中細挽き(メリタ)
エスプレッソ用
  • 豆の状態
購入数
00g
【ケニアのコーヒーについて】  

ケニアは世界でもトップクラスのコーヒー生産国として有名な国の1つです。
ケニア独特のフルーティーなフレーバーは、他の国のコーヒーでは代用できない本当に貴重なものです。
しかし近年は、病気に強く安定した収穫を得るための品種改良等により、昔ながらのケニアらしいフレーバーのコーヒーが少なくなってきているのも事実です。



昔からヨーロッパでは人気の高いケニアのコーヒーですが、年2回の収穫期があります。
メインクロップは9月〜12月、サブのフライクロップは5〜7月が収穫期です。 一般的にケニアの特徴が豊かな品質の高いものは、メインクロップから出ることが多いと言われているようです。 

【カリンドゥンドゥ水洗工場について】

この水洗工場のあるニエリ地区は、おいしいコーヒーの収穫できるエリアとして昔から人気のある地域です。

カリンドゥンドゥ水洗工場は標高1750mに位置します。高地での栽培となり、昼夜の寒暖の差がチェリーをゆっくりと成熟させるため、甘味の詰まったチェリーが作られます。


またケニア山の火山灰土壌からは有機物に富み、水はけに優れた土地は、良質なコーヒーをうみだしています。



ケニア独特のシトラス系の柑橘を感じる酸味とクリーンさ、余韻の甘味が特徴です。ぜひお楽しみください。

【焙煎度合】中煎り

【農園情報】

品 種: SL28、L34など
栽培地: ニェリ地域 マシラ地区 バリチュ農協 カリンドゥンドゥ水洗工場周辺の農家さん
組合員: 約520名 
標 高: 1750m
  収穫時期: メインクロップ10月〜21月、サブクロップ5月〜6月


【マネージャーのオススメポイント】

ケニアの個性的な香りのするコーヒーが少なくなってきている現在、ケニア・ニエリ独特のフルーティーな柑橘系のフレーバーを楽しんで頂ける貴重なニエリのコーヒーです。珈琲豆を挽いた瞬間の香りがたまりません。

【商品のパッケージ】 

以下の写真のコーヒー専用袋にて、お送りします。  

■200g入りコーヒーパックの写真



■100g入りコーヒーパックの写真





  • 豆の状態
豆のまま
粗挽き(ネルドリップ)
中粗挽き(KONO式・サイフォン・プレス)
中挽き(カリタ・コーヒーメーカー)
中細挽き(メリタ)
エスプレッソ用

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。