【新着豆】グァテマラ カルモナ農園 ウォッシュド 中煎り

740円(内税)

定価 740円(内税)

豆のまま
粗挽き(ネルドリップ)
中粗挽き(KONO・サイフォン・プレス)
中挽き(カリタ・コーヒーメーカー)
中細挽き(メリタ)
エスプレッソ用
  • 豆の状態
購入数
00g
アンティグア屈指の農園。
柑橘系の酸味と余韻の甘味、なめらかな口当たりのコーヒー。


【焙煎度合】中煎り

【地域】グアテマラ アンティグア地域 
【農園】カルモナ農園
【品種】ブルボン
【標高】1,550m〜1,880m
【年平均気温】24℃
【相対湿度】70%
【標高】1,700mm
【土壌】ローム・粘土質
【生産処理】水洗処理、天日乾燥

【グァテマラ アンティグア地域について】

グァテマラのアンティグアは、もともとグァテマラの首都があった地域です。
『アンティグア』とは、『古い』という言葉を意味していますが、以前この地にグァテマラの首都があったことに由来します。

首都といっても、もともと住んでたマヤ民族の首都ではなく、スペインの植民地時代の首都です。
ですので、現在でも多くのスペイン様式の建造物が残っていて、世界遺産にもなっています。



アンティグア周辺には3つの火山がそびえたっています。
美味しいコーヒーにとっては最適な地域です!(火山灰土壌は、コーヒーの栽培にはうってつけなのです!)




しかし、度重なる火山による大地震が原因で、首都としての機能は1776年に現在のグァテマラシティにうつされました。

首都としての役割を果たしていくことはできなかったアンティグア地域ですが、コーヒーの栽培にはとても恵まれています。

グァテマラの内戦が落ち着いたのちの2000年には、34の農園主が集まり、アンティグアコーヒー生産者協会が設立されました。
アンティグアの原産地統制呼称(アペラシオン)を守り、アンティグアコーヒーの価値を守るため、様々な活動を行ってきました。

またアナカフェ(Association Nacional del Café)と呼ばれるグァテマラコーヒー協会が支援するGPSを使用したアンティグア・パイロットプロジェクトでは、各農園の地理的情報、土壌、気候条件、その他生産者情報がデータベース化され、ワインでいうテロワールのような方向に向かう、今日のスペシャルティコーヒーにおけるお手本にもなっています。


【カルモナ農園について】

だいぶ以前にも販売させて頂いたカルモナ農園。
諸事情により販売を休止致しておりましたが、サンタクララ農園のリカルドさんからのご紹介で、今クロップは特別に数量限定でご紹介をさせて頂くこととなりました。

カルモナ農園は、1541 年ファン・デ・カルモナ氏が多種の農作物栽培を始めたことが起源となっています。

1800 年台後半、セラヤ一族がカルモナ農園を取得してコーヒー栽培を始めました。

カルモ農園では在来種であるブルボン、ティピカをベースとして、コーヒー生産を行っています。

1959年以降は、第三世代となるマリア・セラヤ女史がお父さんから農園を引き継ぎ、81 歳になるまで農園経営に携わってきました。

マリアさんは長きにわたって、農園、従業員を大事にし、コーヒー生産に取り組んできました。
そして現在では、甥のリカルド・セラヤ、ルイス・ペドロ・セラヤさんが農園を引き継いでいます。

当代表の田那辺がグァテマラ訪問時にカッピングした際にも、そのコーヒーの風味に感動を覚えた農園の1つでもあります。

柑橘系の酸味と余韻の甘味、滑らかな口当たりは、グァテマラのコーヒーの中でも秀逸ものです。

ぜひお楽しみください。
  • 豆の状態
豆のまま
粗挽き(ネルドリップ)
中粗挽き(KONO・サイフォン・プレス)
中挽き(カリタ・コーヒーメーカー)
中細挽き(メリタ)
エスプレッソ用

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。